ベトナム:1000頭の犬たちの行方

動画をご覧ください、 1000頭ほどの 大量の数を犬を乗せた巨大トラックは、 北へ向かっています! 

📍動画 → 

https://www.facebook.com/FightDogMeat/videos/648557785907302/UzpfSTEwMDAxMjc4MzE2MTAyMzo4NzkwMzE3NTI1MzI5MjI/

ベトナムでは、すべての国民が犬猫肉食を行っているわけではなく、 中国との国境に近い北部のみで犬肉食が盛んにおこなわれていると言われています。 

この車両は、北部の犬屠殺場へ向かっているに違いありません!

このトラックは途中で停車し 、何をするのかと思ったら 嘔吐した犬を下車させ洗っていました。

食肉用として売られる動物たちは(犬や猫に限らず)通常生きたまま量り売りされます。他の犬猫肉産業国々でもそうだが 肉業者は自分が捕らえた動物を少しでも高く売ろうと体重を増加させるために犠牲となる動物たちに口からチューブを挿入し胃まで届かせ(もちろん麻酔無し) コンクリートや泥水を注入しています! 

肉業者は本当に非道です!

動物たちの苦しさ辛さ痛さと言ったら!!

可哀そうに犬肉商人に捕まってしまった犬たちは、トラックの荷台に上下積み重ねられぎゅうぎゅうに詰め込まれ数時間かけて屠殺場へ送られます。その間その状態で、お水やごはんなど一切無しです。 

1番底にいる犬たちは自分の上に5体も載ってくるわけだから一切身動きがとれず体はよじれたままで数日間過ごさねばならない 

骨折はもちろん四股や尾の切断、そして多くが窒息や脱水で搬送中に死亡します。 

しかし、ご存知でしたか? 搬送中に亡くなった犬たちはむしろラッキーだと現地中国人活動家たちは言っています。 

なぜなら生きて屠殺場に到着した犬たちには、恐ろしい「拷問死」が待っているのだから! 

——————-

⚠️ #反犬猫肉活動妨害目的のスクショやシェアを固く禁止 します。 #私たちの活動の邪魔をすることはさらに多くの動物たちを苦しめることをご理解ください。 #反DCMTJapanは国籍民族差別にも反対している団体 です。 #国民を一括りに非難する行為やヘイト目的のコメントは禁止 します 。 #反DCMTJapanはveganです。 #反DCMTは犬猫以外のすべての動物の権利を尊重する団体 です 
#反DCMTJapanは日本国内の動物問題解決にも従事する団体 です。 
#犬食 #犬肉 #猫食 #猫肉 #ユーリン犬肉祭り 
#犬食は他国の食文化ではない #vegan #アニマルライツ 
#犬猫以外の動物たちにも思いやりを☘ 

———————–

ところで、 

撮影しているのは誰!? 

撮影するのであれば、どうして止めないの!? 

皆さん、怒りと同時にそんな疑問も浮上してくるでしょう! 

しかし ベトナムや中国のような国では責めることはできないです、なぜなら、犬や猫を守るための法制定がなく国が、犬や猫に対する虐待はOKとしているため、心ある人たちが犬や猫を虐待から守ろうとしても、通用しないのです。逆に逮捕されてしまう! 

だからどうか

現地の活動家さんや愛犬家の人たちを責めないでください。 

責めるべきは動物虐待者たち! 動物を苦しめてまで自分の食い意地が勝ってしまう人たち! 弱者・動物虐待を悪としない国家に問題があるのです! 

写真:国が犬肉商人を処罰しないため、村人が制裁をあたえるしかない。写真は村人にリンチされている犬泥棒。人様のペットは所有物の扱いで、犬泥棒は盗難罪が適応されますが、所有物(犬)に約1万円以上の価値が認められないと処罰の対象とされないため、ほとんどの人たちは自分の大切な犬が盗まれても泣き寝入りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。