ベトナム - 動物保護法の無い国で‼ 

中国でもこれまでに

毛皮を剥がされた状態で

皮膚を引きずりながら逃亡している

ワンチャンが何度も何度も目撃されています。

人間の面を被った鬼畜は 
動物の苦しみに気を回すことすら 
面倒くさい 
法律に反していないなら 
逮捕されさえされしなければ 
べつに何がどう苦しもうが、何だっていいのです! 
奴らにとっては
ただ「食いたい」 
ただ「毛皮を売って金にしたい」 
それだけ。 
そんな薄っぺらな  
レベルの下の下の種の人間のために 
こんな目に遭わされた 
何の罪もない生きものたち。 

このワンチャンの所有者は 

「車に轢かれてこんな姿になった」 

と嘘ぶりました。 

どうしたら車に轢かれて 

背中の毛皮だけ剥がれるのか❓ 

もう1度言います 

ベトナムや中国のような 

犬や猫の保護法の無い国は 

所有者が動物の背中の毛皮を剥がしても 

ぜんぜんOKなのです。 

あいつらは人間ではない 

そんな国の支配者も 

まともな人間ではない 

このワンチャンは亡くなりました。 
痛くて苦しくて 
ただ横たわり立つことすら出来ないはずが 
大きなビニールの袋の中で 

手足を伸ばし、死んでいました。 

これって 

「他国の問題だから仕方ない」 

と 

私たち日本人は知ってながら 

「仕方ない」で済ませて 

よいものでしょうか❓ 


⚠️ #反犬猫肉活動妨害目的のスクショやシェアを固く禁止 します。 #私たちの活動の邪魔をすることはさらに多くの動物たちを苦しめることをご理解ください。 #反DCMTJapanは国籍民族差別にも反対している団体 です。 #国民を一括りに非難する行為やヘイト目的のコメントは禁止 します 。 #反DCMTJapanはveganです。 #反DCMTは犬猫以外のすべての動物の権利を尊重する団体 です 
#反DCMTJapanは日本国内の動物問題解決にも従事する団体 です。 
#犬食 #犬肉 #猫食 #猫肉 #ユーリン犬肉祭り 
#犬食は他国の食文化ではない #vegan #アニマルライツ 
#犬猫以外の動物たちにも思いやりを☘ 

—————-

関連記事 【ほんの一部です】 

2017年 https://www.facebook.com/search/posts/?q=%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%BE%E6%AF%9B%E7%9A%AE&epa=SERP_TAB 

2017 

2019 

2019 

2020 

2020 

2020 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。