アビヤ・アナンドという11歳の著名なインドの占星術少年は、 

現在世界で猛威を振るうCovid19(武漢肺炎)の勃発を 

2019年8月に 自身のSNSや動画で予言していました! 

驚きです‼ 

アビヤさんは、2019年8月、自身のSNS動画で 

「2019年11月から2020年4月まで深刻な危機が世界を脅かす」と 

予言し見事に的中していますが、最近の動画では 

「Covid19(武漢肺炎)は今年の5月31日には一旦収まるものの、 

広まりが数日間減少に向かうだけで、 

6月30日までは明るいニュースはありません」と言っています。 

またアビヤさんは 

「2020年12月20日ごろに 

新たなる大惨劇が地球に猛威を振るいます。 

そしてそれは2021年3月31日まで続き、 

今回の新型コロナ(武漢肺炎)よりもさらに深刻なものです」 

とも言っています。 

アビヤさんは 

「この勃発に打ち勝つには、自身の免疫力強化を図ること。 

そして 

積もり積もったカルマを支払うために  

私たち人間は、もうこれ以上どんな形であろうが 

動物たちや母なる自然を殺すことは止めなければいけません」 

「もしこれ以上動物や自然を害し続けるのであれば、 

激怒しまくっている母なる大地から相当な報いを受けるでしょう」。 

また、アビヤさんは、 

動物を殺生して商売する者(あらゆる動物の肉業者)に対して 

大地への捧げものとして 

現在の職業をすっかり放棄することを強く要請しています。 

ソース: 

https://forums.hardwarezone.com.sg/eat-drink-man-woman-16/%5Bdoomsday-news%5D-ceca-boy-who-predicted-covid19-warns-world-another-severe-outbreak-6251857.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。