中国:野生動物疾病治療に野生動物利用!

2020年3月4日

2020年2月に、中国政府はCobid19発生に続いて国内の野生動物の食用取引を完全禁止しました。 

しかしながら、漢方や薬での野生動物利用は禁止していません! 

ほとんどの専門家や科学者たちが「COVID19パンデミックの原因は中国の野生動物の取引にある」と意見が合致している背景で、なんと中国政府はその治療薬として再び中国の野生動物を利用しようとしています‼ 
2020年3月4日、中国政府はCovid19重篤患者の治療法として熊の胆汁を推薦していることが明らかになりました! 
写真:中国熊胆牧場

清熱止崩湯’(Tan Re Qing)という漢方は、原材料に熊の胆汁が含まれていますが現在中国の国民健康委員会は国内重篤患者に対してこの漢方薬を薦めています! 

中国では、熊から胆汁を採取するための「熊胆牧場」が数多く存在します。 

突如として家族と引き離され野生の暮らしを奪われた熊たちは、牧場の狭い檻の中で身動きが取れない状態で生きたまま胆汁を採取されます。  

胆汁とは熊の体内(胆のう)に蓄積される消化液のことで、侵入手術で開けられた熊の腹部の大きな穴からはチューブが挿入され、先は内臓にまで到達され、熊は外すことのできない金属製のコルセットでがんじがらめに固定されています。もちろん麻酔などの使用は無く熊は24時間365日このままの状態で死ぬまで生かされます。痛さ辛さ苦しさと言ったらまるで地獄です! 


⚠️ #反犬猫肉活動妨害目的のスクショやシェアを固く禁止 します。 #私たちの活動の邪魔をすることはさらに多くの動物たちを苦しめることをご理解ください。 #反DCMTJapanは国籍民族差別にも反対している団体 です。 #国民を一括りに非難する行為やヘイト目的のコメントは禁止 します 。 #反DCMTJapanはveganです。 #反DCMTは犬猫以外のすべての動物の権利を尊重する団体 です 
#反DCMTJapanは日本国内の動物問題解決にも従事する団体 です。 
#犬食 #犬肉 #猫食 #猫肉 #ユーリン犬肉祭り 
#犬食は他国の食文化ではない #vegan #アニマルライツ 
#犬猫以外の動物たちにも思いやりを☘ 

写真:熊胆牧場  このような残酷な方法で人間は熊から胆汁を入手している。 
写真:熊を金属製コルセットで固定

中国漢方はクマの胆汁に限らずほかにもセンザンコウの鱗やヒョウの骨なども原材料に使用されており現在でも合法です。 

中国政府は気は確かか❓ 

野生動物を食べ引き起こされたパンデミックの治療法に再び野生動物のを原材料とした漢方を薦めるとは! 

ソース:

https://eia-international.org/news/unbelievable-chinese-govt-recommends-injections-containing-bear-bile-to-treat-coronavirus/?fbclid=IwAR1Q4WcZWMJYa31hLVRJrGd9GHJRxC2_7KoZ4hiQQ9xnE73xO2z4d9VnHRk


🔶日本にいる私たちが出来る事 

🖊署名にご協力ください 

https://www.change.org/p/chinese-government-get-bear-bile-farming-banned-in-china

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。