中国:野外の犬を殺したら3000円などがもらえる💢

「市民が路上犬を殺せば、

その報酬として『1頭につき約3000円』などが与えられる」

広東省東莞市の一部の区域では、そんな恐ろしい「政府の目論見」が発表されました! 

当局は、家族犬であっても路上でリードの装着の無い犬はすべて「野犬」と見なし「殺す」と対象とする、と言っています! 

この謀事の理由としては :

●リード無しで犬を外に出す 

●犬のペット登録をしていない 

など、「COVID19が犬から人間へ感染する恐れ」以外に上記の「無責任な飼い主への懲らしめ」も含んでいると伝えられてます! 

自分の大切なハスキー犬が1週間前から行方不明の男性は、心配で心配で、警察に届出を出しましたが、当局は「(むやみやたらに)犬を殺せ!殺せ!と言っているのではありません。犬を家族として迎え入れている人々は規則を守らなさすぎるから」と言いました。 

画像はイメージ

なぜこんな極端で恐ろしい計画に至ったのでしょうか? 

一部の市民が、リードなしで犬を散歩させている飼い主に関する苦情を当局に申し立てたことが誘因となっています! 

一方、広東省以外の中国中の見解も怒り心頭に発し、 

多くの国民はネットで 

「恐ろしい!」 

「なんて野蛮な!」 

「文明国としてありえない!」 

特に子どもたちがこの政府による措置を知ってしまうと『動物というものは愛すべきものではないんだな』と思ってしまう!」 

写真:おもちゃのように露商で売られる仔犬たちも、これでは中国の子供たちは犬をモノのように感じてしまう。現在の中国はこのような犬猫の販売に関する規制が儲けられていない

――――――――――――――――――――――――――――――――

⚠️ #反犬猫肉活動妨害目的のスクショやシェアを固く禁止 します。 #私たちの活動の邪魔をすることはさらに多くの動物たちを苦しめることをご理解ください。 #反DCMTJapanは国籍民族差別にも反対している団体 です。 #国民を一括りに非難する行為やヘイト目的のコメントは禁止 します 。 #反DCMTJapanはveganです。 #反DCMTは犬猫以外のすべての動物の権利を尊重する団体 です 
#反DCMTJapanは日本国内の動物問題解決にも従事する団体 です。 
#犬食 #犬肉 #猫食 #猫肉 #ユーリン犬肉祭り 
#犬食は他国の食文化ではない #vegan #アニマルライツ 
#犬猫以外の動物たちにも思いやりを☘ 

―――――――――――――――――――――――――

「COVID19は犬から移る?」 

混乱のそもそもの発端は、 中国の伝染病学者 「李兰娟氏」が今年1月のテレビ放送で「もしペットが感染疑惑者に接触されたら、 そのペットも隔離されなければならない」と発言したことにあります。それを 地元マスコミが「新型コロナウイルスは猫や犬からも 拡大される!」と微妙に内容を変更し公言した事実にあります!  

その後その誤情報は中国のSNSで広く配信されてしまいました! 

2020年3月現在においても、WHOや専門家は「ペットの犬や猫がCOVID19に感染する事実のエヴィデンスはない」と公言しています! 

ソース: http://bit.ly/3aWTJhw

――――――――――――――――――――――――――――

また、別の区域では、 

7.5キロ以上の犬を殺した場合は 300元 (約4500円) 

7.4キロ以下の犬を殺した場合は 200元 (約3000円) 

の報酬を提供する と通知されています! 

このような行政による措置は、 

多くのネットユーザーの爆発的怒りを買っています! 

「その国が動物をいかに扱うかがその国の文明レベルがわかる!」 

「動物たちをそんな形で殺すなんて残酷すぎる!」 

しかし一方、 

「犬だって所詮動物なんだから、Covid19が感染しているかもしれない」 

「もし自分の子供が犬にかまれて子供が死んだら、私たちはそれでも犬を守ろうとしますか?」 

と発言している人々もいます。 

ソース 

http://bit.ly/3b3Mlkl

http://bit.ly/2WoSinN

http://bit.ly/2ITmz6e

その他 

—————————————————– 

反DCMTJapanの独り言: 

私(反DCMTJapan)も昔は邪魔な虫とか憎い蚊とかを当然のように潰して殺していました。問題解決において「殺す」という方法は即効性があって効率的に感じます。 

しかし1度うまくいくとやがて慣れてしまい「他者の命を奪うこと」への罪悪感は薄れ、次第に習慣化してしまう。 

また、他者の命を奪うことによって一種の捻くれた優越感を生じる人もいます。連続殺人鬼や動物虐待魔や狩猟者に見られるように。 

命を奪って良心が痛まなくなったらその時点でもうおしまいです! 人間ではなくなっている!!

この世にどれだけ多くの「非人間」がいるでしょうか? 

もちろん要人の中にもうじゃうじゃいます! 

殺すなんて短絡的で極端な方法を使わなくても、どうぶつを家族として迎えるにおいて適切な規制と厳重処罰を儲ければそれで済む話ではないのか?  

大体中国はなにかと極端すぎる! これも独裁政治の特徴でしょうか!?

猛スピードで成長してきた中国は、その過程で多く人々や命を傷付けてきました。 

歴史を振り返れば、ほとんどの独裁国家は国民にいくら武力で抑制しようが結果的にその国の秩序を乱し国を発展させることはできなかった。 

中にはもちろん例外あり、台湾のような国家では民主主義の手段を採用しつつ見事に発展に繋げました。 

このまま中国独裁政府が中国全国民の不満に直面しながら世界をも敵に回し続けると、次になにが起こるか考えただけでドキドキしてきます! 

現在、中国政府は謝罪の言葉の1つもなく、COVID19の感染元を今度は「アメリカからだ」として、責任逃れをしています!

「真のアホだったのか」とあきれるばかり。 

謝罪の言葉1つなく責任逃れして、それで通用するのは国民全体を奴隷化している中国だけの話で、一種の「世間知らず」と言えます。 

中国政府はこれからどのように責任を取るつもりでしょうか❓ 

One thought on “中国:野外の犬を殺したら3000円などがもらえる💢

  1. 中国人は「謝らない」国民性と聞いています。コロナもSARSも中国が発症させたことの責任を感じていません。国際社会も流患だから仕方ない、という姿勢をやめて徹底的に中国に原因追及と改善命令をしなければならないと思う。中国のあのおぞましい市場を報道して、世界が糾弾しなければ、また同じことを繰り返すだけです。おのずと犬猫肉食の問題を報道せざるをえないはずなのに、何かの力が働いているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA