犬肉反対!残酷!犬を生きたまま吊るし焼き殺す犬肉産業!

~ いのちのリレー ~

過去20年にも渡り、

犬を生きたまま首吊り

バーナーで焼き殺していた違法屠殺が

摘発される!

———————————-

⚠️ #反犬猫肉活動妨害目的のスクショやシェアを固く禁止 します。 #私たちの活動の邪魔をすることはさらに多くの動物たちを苦しめることをご理解ください。 #反DCMTJapanは国籍民族差別にも反対している団体 です。 #国民を一括りに非難する行為やヘイト目的のコメントは禁止 します 。 #反DCMTJapanはveganです。#反DCMTは犬猫以外のすべての動物の権利を尊重する団体 です 
#反DCMTJapanは日本国内の動物問題解決にも従事する団体 です。 
#犬食#犬肉#猫食#猫肉#ユーリン犬肉祭り
#犬食は他国の食文化ではない#vegan#アニマルライツ
#犬猫以外の動物たちにも思いやりを☘ 
————————————–


【   概   略   】

🔸 2019年 7月21日 🔶

韓国のアニマルライツ組織「CARE]は、天安市の動物保護グループ「忠南遺棄動物救護法人・ドンアイ」から、「犬を生きたまま首吊り焼き殺している屠殺場がある!」との通報を受けました。

屠殺場はソウルから南へ約85キロ離れた天安市の人里離れた山中にありました。屠殺場の真隣の家屋には、屠殺場主の一家が住んでいたというから、驚きです!犬の悲しみや苦痛など、負のエネルギーの渦中で生活していたと言えます。

まさに「地獄」ですね!

2017年7月21日未明、現場へ赴いた「CARE」の活動家たちは、即座に裏に面した森へ移動し、ひっそり身を潜めて屠殺場主の出現を待ちました。

画像:団体CAREによる急襲時

待つこと3時間、遂に高齢の屠殺場主が姿を現しました。2頭の生きている犬を抱え、1頭の首を台に吊り、もう1頭の首もバンドのようなもので吊りました。そして巨大バーナーで初めの1頭のマズルに火を当てたその瞬間、活動家たちは森から猛スピードで駆けつけ急襲し、犬たちをレスキューしました

急襲時の動画【閲覧注意!!】:2019年7月21日 → 

活動家たちは警察に通報し、違法屠殺場主はそのまま現行犯逮捕されました。

しかし、男は天安市西北署に送検されるも短時間で釈放され、結局、口頭注意レベルの軽い処罰で終わりました

屠殺場は閉鎖され、男は「自分の屠殺場の100頭の犬たちの所有を放棄する」記載の「放棄申述書」を天安市の行政に提出しました。

生きたまま首を吊られた最初の1頭は、無念にも、あっという間に死んでしまいました。 じつは、この屠殺場のほかにも、韓国に限らず他の犬肉産業国々でも、犬を生きたままマズルから焼き殺す違法屠殺場は多く点在しています。 その理由は、犬が苦しさで大声で泣き叫ばせなくするためです。 実に、犬肉産業とは、非情そのものなのです‼

あとの1頭は、まさに焼かれる寸前に保護されましたが、心肺停止状態で、活動家たちは即座に心臓マッサージなどの応急措置をおこない病院に搬送しました。

写真:ノバ。急襲時に活動家さんが心臓マッサージをおこなってくれている。おかげでノバは一命を取り留めました 

このワンちゃんは辛うじて一命を取り留め、のちにノバと名づけられました。

ノバは事件直後に、米国の動物保護団体「Dove Project 」(ドウヴ・プロジェクト)から申し出が有り、完全回復後里親が見つかり次第渡米する予定です。

回復したノバ💙:2019年7月28日動画💖 →

現在のノバ💙 すっかり元気になりました!







노바! 크로스 줄리안!

🐕사무국 개 식구가 된 노바와 줄리안! ❤천안 도살장에서 구조된 노바와 줄리안이 해외 출국 2주를 앞두고 케어 사무국에서 지내고 있습니다.산 채로 목이 매달렸던 노바는 트라우마로 인한 불안증세도 있었는데요. 함께 생활하던 든든한 친구 줄리안에게 의지하며 많이 극복할 수 있었습니다. 지난 5일 동안 노바와 줄리안은 사무국 생활에 완벽 적응! 지금 사무국은 노바와 줄리안이 함께 뛰어다니는 소리로 가득합니다.죽마고우 두 친구는 함께 도브 프로젝트로 이동해 그곳에서 입양자를 찾기로 했습니다. 국내에서 머무는 것보다 해외에서 입양의 기회는 더 많아지는데요. 노바와 줄리안의 입양 가족이 금방 나타날 수 있도록 함께 응원해주세요!💕 케어 정기후원http://bit.ly/30gUPTD💕 케어 일시후원http://bit.ly/339jP

케어와 수다발발さんの投稿 2020年2月20日木曜日

この違法屠殺場では、中型犬から大型犬まで約100頭の犬たちが食用に囚われていました。 そのうち一部は不潔極まりないケージの中に閉じ込められていて、他の多くは屋外の至る場所に繋がれていました。 地面は自らの糞尿で泥沼化し、犬たちの生活の場は、豪雨の日も、台風の日も、焼け付く熱さの日も、凌ぐものは何もなく野ざらし状態でした。 そして完全に腐敗したゴミを食べながら延命していました。

また、屠殺場では腐敗した犬の内臓などが山積みになっており、屋内ケージに囚われていた犬たちは、殺された仲間の臓器との暮らしを自分が屠殺されるその日まで強いられていました。



*韓国では犬を生きたまま首吊ることは違法、生きたまま焼き殺すことも違法です。


『韓国の動物保護法』について:

第七条
動物虐待の禁止
1) 何人も動物虐待に対して以下の行為をしてはならない
① 首を吊るすなど残虐な方法で殺す行為
② 公共の場で殺すなど、他の同種類の動物がいる場所で殺す行為

その他、第八条1項の1、2、4条 などによる。

——————————————————————————————————

🔸 2019年7月22日 🔶

ソウル国会議事堂正門前で、団体「CARE」による記者会見が行われました。

活動家たちは皆すすり泣き、1人の男性活動家は、急襲時に殺された1頭の亡骸を終始抱きしめ泣いていました。 実に、韓国の(特に若者)多くの市民たちが、自国の犬肉産業を忌み嫌い、完全廃止を心から望んでいます! 「文化!」「伝統!」と叫んでいるのは、実際に犬肉食をおこなっている高齢者、そして犬肉商人たちだけなのです!!




ソウル国会前では頻繁に 大勢の人たちが韓国犬肉産業完全廃止を求めています



📍Facebook投稿 →
1)日本語韓国語バイリンガル活動家さんより
https://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/posts/2353054618270839?tn=K-R

2)他(画像など) →
https://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/posts/2353154388260862


🔶 2019年7月22日 ~ 🔶

100頭もの犬たちは、折角レスキューされたものの、行き場所が見つからなかったため、やむを得なくそのまま屠殺場での暮らしを継続させました。

「たかが100頭、どうして受け入れ先が見つからないのか」とお思いの方も多いと思いますが、実は韓国では、年に1万頭ほどの犬が毎年毎年動物保護団体などからレスキューされていると言われており、もう韓国内の動物保護施設も、一時預かり宅も、常時満員状態で受け入れられない状態です。


動物の肉を商売にする世界では、動物保護家は動物たちを多く保護しようとしますが、肉商人たちは商売道具である動物たちを次から次へと繁殖させるため、まったくキリがありません。
せっかく奇跡的にレスキューされた命も、受け入れ先が決まらない限り、安楽死処分させられるほかありません。



この日以来、現地韓国人ボランティアや活動家さんたちは、犬たちにお水やドッグフードを与える為に、ほぼ毎日、犬たちのいる屠殺場へ通いました。

団体「CARE」に命を助けられた天安違法屠殺場の犬

————————————————————————————————-

🔸 2019年7月24日 ~ 🔶


天安違法屠殺場の犬たちの動画(複数)、犬たちの生活の場を少しでもマシにするために、活動家たちは現場に集合しています。 →
(韓国語:いずれも1分以内)

屠殺場では、犬を食用に残酷な形で屠殺していましたが、普段は犬はネグレクトされていたものの特に虐待を加えられていたわけではないので、一部の犬たちを除けば皆人懐っこいです。 しかし一部の犬たちは、自分が閉じ込められていた場所が仲間が首吊られ焼き殺されていた屠殺場付近だったため、人間の恐ろしさを知っていて、酷いトラウマになっており人を異常に恐れています。


団体「CARE」はその後も、韓国内で犬たちの受け入れ先を探し続けましたが、中型犬や大型犬ばかり100頭近くの受け入れ先はなかなか見つかりません。なので、ついに海外へも要請しました。 そして日本の「反DCMTJapan」にもSOSが届きました。 日本は狂犬病清浄国のため検疫が厳しく、これまで犬肉産業からの犬を受け入れたことがありません。 しかしこのまま見つからなければ、本当に近い将来この犬たちは安楽死処分させられます! 「CARE」は必死です!


この事情を知った日本動物保護団体「2000の野犬たちを救え!プロジェクト」の平山ガンマンさんや、NPO「アニマル・ライブ」の岩崎ひろみさんも、天安市の犬たちに関して「何とか力になりたい」と、犬の受け入れを申し出されました。 このお二人は兼ねてから犬猫肉産業の動物たちを心配しており、何か力になりたいと反DCMTJapanにも度々相談されていました。


日本側は金銭的な理由より、当初、数頭のみの受け入れを提示しましたが、団体「CARE」は「お金が理由だったらCAREが何とかするので、1頭でも多くの命を救いたい。出来るだけ多くを受け入れて欲しい」と言いました。



📍facebook 反DCMT記事 → https://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/posts/2353929184850049

———————————————————————————————————–

写真:ネズミの死骸(´;ω;`)


一方、この日、活動家たちは今は閉鎖されている屠殺場へ到着すると、山積みされていた廃棄物などからは犬たちの死骸が糞尿や腐敗物にまみれてゴロゴロ出てきました。
屠殺場の環境は本当に劣悪で、ネズミの死骸は辺り一面に1,000匹ほど散乱しており、生きている犬たちは、ほとんどが、皮膚病やイヌ糸状虫、フェラリアなどに感染していました。 あらゆる病原菌が至るところで蔓延していました。


前日健康そうに見えた1匹の白い犬は、今日、多数の蠅に覆われながら死体となっていました。
昨日の時点で犬たちをもっとマシな場所に移動できていたらこの犬は死なずに済んだかも知れない、と活動家たちはワンワン泣き出しました。

この日は団体CAREは天安市に正式許可を取り、屠殺場での様子や犬たちの救出などのライブ発信を行いました。 すると「CARE」を常日頃からライバル視してCAREの救助活動の介入ばかりしてくる人物らが天安市の市庁舎にわざわざ電話をし苦情を申し立ててきました。 韓国でも「出る杭は打たれる」ですか、団体「CARE」は韓国で唯一のヴィ―ガン団体ですし、精力的に活動をおこなう組織で、また、2019年1月には「CARE」の保護犬の安楽死処分が社会問題となり、アンチ「CARE」による嫌がらせが絶えない、そんな中、苦情が殺到した天安市は団体CAREに「天安市から犬たちの里親募集広告を出すまで『犬の水とご飯やり』 『犬をこの敷地内から連れ出すこと』を禁ずる 」と告げました。 しかし天安市の職員は、凄く警戒した様子で活動家たちを追い払ったので、不審に思ったボランティアは次の日に様子を見に戻ると、犬たちには前日からペットフードの一粒も与えられていない様子でした。
その後、団体「CARE」とボランティアたちは、犬に餌やお水を与えなかった天安市の職員と口論になり、挙句の果てに現場を追い出されてしまいました。

———————————————————————————————————–


🔶 2019年7月30日 🔶


この日は、 団体「CARE」は、市の畜産課と面談予約がありました。


面談前に、これまで「犬たちのご飯やり」「お水やり」「犬連れ出し」を禁止していた天安市側は、突如として「これからは、ご飯やり・水やりOK」と団体「CARE」に言ってきました。 しかし「犬の連れ出し」に関しては依然として許されないため、「CARE」や活動家たち総勢20名ほどは畜産課を訪れ、この件について強く抗議すると、「犬の連れ出しもOK」と言い出しました。 どの国も、政府や自治体の言うことは本当にコロコロ変わります。

そのあと団体CAREや活動家たちは屠殺場へ向かい、100数頭犬たちに 無事にお水やご飯もあたえ 重篤の犬たちを獣医の元へ搬送しました。

ライブ動画 (韓国語:28分)→

———————————————————————————————————–


🔶 7月30日 ~ 8月5日 🔶



7月 30日以来、団体「CARE」や活動家たちは毎日毎日猛屠殺場へ訪れ、犬たちの世話をしました。それでも現場は猛烈な日差しから逃れる場所(日陰)も僅少で犬たちは熱中症に掛かり、さらに沼化した糞尿のアンモニアの地面から気化したガスのせいで、 一部の犬が死亡しました。

動画 8月3日現場の様子(韓国語:45分) 雨が降ってきました →

————————————————————————————————————


🔶  2019年8月7日 🔶

団体CAREや現地韓国人活動家たちは、朝9時から屠殺場へ向かい、焦げてしまいそうな気温の中で、ほぼ休みなく、100頭の犬たちの移動作業を開始しました。 ついに、天安市側が、犬たちの新しい居場所を見つけてくれたのです! 4、5往復し、すべてを終えたころは夜の9時をまわっていました。  活動家たちはそれぞれ洗浄チーム、移動チームなどに分かれて効率よく動きました。

保護先は、200坪ありけっこう広いです。 以前、カモの畜産農場だった場所です。 屋根もあり、焦げ付くような太陽光線は遮断されます。 犬を隔離するものが何もため、犬たちはまだ鎖でつないでいる状態しか出来ませんが、前の屠殺場よりは比べ物にならないほど清潔で涼しい場所です。 しかしここも一時的。 里親、もしくは一時預かり宅や保護施設が見つからなければ、いづれ犬たちは安楽死処分させられます。 

動画は屠殺場で後片付けなどをしている光景(50分:韓国語) →

写真:ワンコたちの新住居の元鴨農場。この建物が3錬あります。(正面入り口)
写真:ワンコたちの新住居の元カモ農場 犬たちは喧嘩しないように鎖で繋がれていますが、清潔な水も与えられ鎖も長い為動けるし以前より比べ物にならないほど良い環境
写真:数日前に出産したお母さん犬。これで安心して子育てができる💓この幸せも現地活動家さんたちのお陰ですね(´;ω;`)💦

写真:数日前に無事に産まれてきた赤ちゃん💖

韓国の活動家さんたちはこれまで、ワンちゃんたちが生活できる場所を毎日毎日必死に探してくれて、暑い中ワンちゃんたちを心配し、毎日屠殺場を訪れお水やごはんをあげていました。

写真:新しい犬たちの居場所の元カモ農場で犬の里親を募集する韓国活動家さんたち




写真:早速人に甘えるワンコもいるし・・・


写真:よっぽど恐ろしい目に遭ったのかいつまで経っても怯えている子も・・・(´;ω;`)💦


数名の活動家たちは前日から周辺ホテルで泊まり込み、35℃を優に超える熱帯の中、 釜山、仁川、ソウルを含む韓国各地から 総勢25人もの人たちが集まり、100頭近くの犬たちを新しい生活場に移動する作業に参加されました。 韓国には犬肉産業から犬たちを助けたい気持ちで一心な多くの人たちが存在します!


移動時の ライブ(韓国語:1時間)→


facebook 反DCMTの投稿 → http://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/posts/2361798880729746


https://www.facebook.com/1866863680223271/posts/2363584590551175/

—————————————————————————————————–


🔶 8月7日~8月20日 🔶



現時点で レスキューされた100頭の内、 数頭は救出後間もなく死亡し、
数十頭は入院、数頭は韓国で里親さんが見つかり 、数十頭は養子縁組のため渡米が決定しています。 数頭は日本のワンニャンランドさんとアニマルライブさんのシェルターへ渡日する予定。 しかし半数以上は、未だ行き場が未定。

犬たちは、行き場(居場所)がない限り、安楽死処分されるしかありません


「ではどうして日本でもっと多く受け入れないの? 」

このような疑問が沸き上がってきますが、

じつはネックが「日本入国の検疫」と「犬たちの委託費」 です。 日本の検疫手続きでは、狂犬病清浄国である日本に犬が入国するには「7か月以上の現地滞在」が義務付けられており 、また衛生状態や犬への扱いが超劣悪な「犬肉産業」から保護された中型・大型犬となると、「健康面が不安定」という理由も加え酷く負傷している場合も通常ですから、委託所に払う金額は莫大となります。 通常1頭あたりの委託金は、月に2~3万円ほどですが、 犬たちは7か月以上の現地滞在義務がありますので、「1頭に掛かる委託料」は、7か月分以上の住居費、ご飯代、医療費、世話代、ワクチン接種代、渡航費、ケージ代など合わせて総額20~30万円プラスα(実際に掛かる医療費による)となります。  これは非常に高額です。

ちなみに
一方、狂犬病リスクの有るアメリカやカナダへの入国の場合、 検疫の手続き条件は 1か月半~2か月と現地滞在期間が短期のため委託料が比較的安価で済み、また広大なアメリカやカナダでは大型犬を家族犬として迎える家庭も多く犬肉産業レスキュー犬にとっては打ってつけです。
なので、現在韓国にて保護施設に入居できなかったり、一時預かり宅を見つけることのできなかったりする犬たちの養子縁組を海外で希望する場合は、 日本のような狂犬病清浄国へは対費用効果が悪すぎてこれまでは避けられてきました。

逆に、
既にシェルターや一時預かり宅に住んでいる韓国犬肉産業レスキュー犬たちは、その点、委託料が掛かりませんし、既に健康な場合が多いので、 日本への入国は、 1頭あたり(団体CAREの場合)5万円前後で可能です。

要するに、天安市の子たちのような 現在、韓国での滞在場所が無い犬たちを日本へ多く連れてくる場合は、 莫大な金額が掛かります。

———————————————————————————————————


🔶 2019年8月20日 🔶



天安市より団体「CARE」へ「犬たちを8月末に安楽死させる」との連絡が入りました。
団体「CARE」は交渉し、なんとか安楽死処分を9月11日まで引き延ばすことに合意させました。

———————————————————————————————————–


🔶 8月下旬 🔶


天安市違法屠殺場からの保護犬受け入れ予定の平山ガンマンさんと、数名の活動家が日本から韓国へ。天安市の犬たちの様子や屠殺場を視察。

写真:日本人活動家さんより「天安の屠殺場跡地を訪れた際、まだ捕獲できなかった犬が1頭現場をウロウロしていました。この犬は非常に人間を恐れていて、どうしても捕獲できません」


日本の有志の方々より集められた40万円の支援金が団体CAREに送られました。

反DCMTJapan記事 → https://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/posts/2374751936101107

支援金を募ってくれた太田幸子さんの記事 →
https://www.facebook.com/sachiko.ohta.3/posts/2403960543024770

写真:団体「CARE」代表パク・ソヨンさん、オンリーワン代表平山ガンマンさん、反DCMTJapan代表

写真:CAREのシェルター。とても広くて非常に清潔。各部屋には水道が設置されている。シェルターは合計現在2か所あり、現在600頭の犬たちが保護されている。いづれも人懐っこいが、元は犬屠殺場からの保護犬や、虐待犬。今はCAREのスタッフに愛され心身ともにすこぶる健康
写真:CAREのシェルター とても広くて非常に清潔。各部屋には水道が設置されている。シェルターは合計2か所あり、現在600頭の犬たちが保護されている。いづれも人懐っこいが、元は犬屠殺場からの保護犬や、虐待犬。今はCAREのスタッフに愛され心身ともにすこぶる健康
写真: CAREのシェルター とても広くて非常に清潔。各部屋には水道が設置されている。シェルターは合計2か所あり、現在600頭の犬たちが保護されている。いづれも人懐っこいが、元は犬屠殺場からの保護犬や、虐待犬。今はCAREのスタッフに愛され心身ともにすこぶる健康

写真CAREのシェルター とても広くて非常に清潔。各部屋には水道が設置されている。シェルターは合計2か所あり、現在600頭の犬たちが保護されている。いづれも人懐っこいが、元は犬屠殺場からの保護犬や、虐待犬。今はCAREのスタッフに愛され心身ともにすこぶる健康
写真:CAREのシェルター とても広くて非常に清潔。各部屋には水道が設置されている。シェルターは合計2か所あり、現在600頭の犬たちが保護されている。いづれも人懐っこいが、元は犬屠殺場からの保護犬や、虐待犬。今はCAREのスタッフに愛され心身ともにすこぶる健康
写真:CAREのシェルター とても広くて非常に清潔。各部屋には水道が設置されている。シェルターは合計2か所あり、現在600頭の犬たちが保護されている。いづれも人懐っこいが、元は犬屠殺場からの保護犬や、虐待犬。今はCAREのスタッフに愛され心身ともにすこぶる健康

日本人活動家たちは、韓国活動家たちと共に、屠殺場急襲時の後片付けのために
天安市の屠殺場を訪れた際に、ひと悶着がありました。

屠殺場敷地前の車道は1台しか通れないほどの狭い車道でしたが、他の駐車する場所が無いため、やむを得なく活動家たちは自分たちの車を駐車させ、屠殺場主の妻に事情を話しきちんと挨拶をしてから作業に取り掛かかりました。 すると後に帰宅した屠殺場主は、わざと嫌がらせで活動家たちの車の真後ろに自分の車を停め、 そのまま歩いて飲み屋へ行ってしまいました。


車を出すことが出来なくなった活動家たちは、妻に事情を話しても自分の夫がどこへ行ったかわからず、また、屠殺場主に何度電話をしても一向に電話に出ないありさまで、やむを得ずレッカー移動会社に電話をすると、屠殺場主の妻は態度が豹変し、いきなり「不法侵入だ!」とわめきたて、警察に嘘の通報を行いました。

写真:警察が来て、往生している 


その後、屠殺場一家の娘(30歳くらいの水商売風ケバい女)が現れ、活動家たちに悪態をつき怒鳴りかかってきました。 ついに父親(屠殺場主)が現れ、車を移動させました。 この一家は前回訪れた際も、一家の息子が活動家の車を殴りドアミラーを壊しました。 生業の邪魔をされて腹が立つのか、それはわかりますが、しかし犬たちは、自分が活動家たちにより商売の邪魔をされるよりも1万倍も辛い思いをしています! 活動家たちは単に犬肉商人に嫌がらせをしているのではなく、理不尽な扱いをされている動物たちを知りながら、黙っていられないのです‼ 肉業者は自分さえよければそれで良い、そういう種の典型です。 いつも自分が被害者ぶりますが、本当の犠牲者は動物たちです。 

写真:日本の活動家さんによる撮影 この汚いケージに5,6頭がぎゅうぎゅうに入れられ屠殺の順番を待たされていた

写真: 日本の活動家さんによる撮影 犬の首を吊っていた台(´;ω;`)💦
写真:日本の活動家さんによる撮影 犬の首を吊っていた台 周りには犬舎が


屠殺場主一家は、20年間も、この不潔極まりない残虐非道な屠殺場の真横に住んでいたというから、本当に驚きです!

写真:日本の活動家さんによる撮影 犬を首吊り焼き殺していたバーナー

写真:日本の活動家さんによる撮影 カモ農場に移動された犬たち まだ人間が怖い
写真:日本の活動家さんによる撮影 カモ農場 人間が怖くて目も合わせてくれず(´;ω;`)

2020年の初夏に、犬肉産業に囚われていた可哀そうな犬たちが幸せを求めて日本にやって来ます! 里親に興味のある方は、反DCMTJapanのメッセンジャーか、こちらのブログまでご連絡をください m(__)m

———————————————————————————————————-


🔶 2019年9月5日  🔶

天安市の隣のアヘン市に住む男が、天安市の行政に
「9月8日(日)にすべての犬たちを引き取る」と名乗り出てきました

しかしこの人物は、数年前に自分が保護した60頭の犬たちに犯した「水をあたえない」「腐りかけの鶏肉をあたえる」などの虐待を告発され、「韓国動物救助掲示板」にも堂々載っている男で、アヘン市行政からは「犬の引き取り禁止令」が出されています。

この男性のfacebook記事 → https://www.facebook.com/autojane/videos/10214131016459371/



この時はまだ、団体「CARE」にも日本サイドにもこの事実は知らされていませんでした。


———————————————————————————————————-


🔶 2019年9月6日  🔶



急な天安市からの「9月11日の犬たちの安楽死」通告に対し、日本人保護活動家のガンマンさんは「天安市の犬たちが1頭も安楽死させられないよう、お金はできるだけ集めたいと思う。出来るだけ多くを日本に連れて来たい」 の胸中を団体「CARE」に明かされました。

facebook平山ガンマンさんの記事 → https://www.facebook.com/ganmann.hirayama/posts/1351958941638295


● 1度奇跡的に犬肉産業から保護された犬が再び殺されないために:

当初、ガンマンさんやヒロミさんが受け入れを挙手された際の予定では、 「(韓国内で居場所無い天安の犬たちを日本に送るには莫大な金額が掛かるため) 天安市の犬たちは、3頭のみを日本に入国させよう。 そして残りの天安市の犬たちには検疫期間の短いアメリカやカナダの受け入れ先を何とかして見つけて命を繋ごう。 日本へは、天安市の3頭のほか、経費が安価で済む現在CAREのシェルターで既に暮らしている犬肉産業レスキュー犬の7頭を連れて来よう」となっていました。 しかし、天安市からの突然の「安楽死」の通告により 、事態は大きく急変し、急遽天安市の犬たちの受け入れ先を見つけねばならなくなりました! さもなければ、犬たちは、じきに殺されてしまいます!


CAREの当時の財政状況悪化問題もあり、 ガンマンさんやヒロミさん、そして反DCMTJapanは、日本でも急遽多く支援金を集めることに決断しました。 

そして遂に‼ 

日本、そして世界の動物たちの命を大切に想う、思いやり溢れた方々のご支援により、 「すべての天安市の犬たち」そして「過去に苦しい恐ろしい経験しかしてこなかった他の犬肉産業レスキュー犬たち」の幸せな未来に利用される支援金が、たったの数日間で、日本だけで、500万円以上も集まりました! 

その結果、安楽死となる天安市の犬たちは「ゼロ」という目標に達成できました!

ご協力いただいた皆様、本当に、本当に、心の奥底から 感謝いたします!!

ありがとうございました‼


——————————————————————————————————


🔶 2019年9月6日 ~ 🔶

早速、団体「CARE」は、犬たちを引き取りに、カモ農場へ向かいました。

すると、


団体CAREが、前回元鴨農場を訪れた際 は、 60頭ほどの犬たちが居たはずなのに、この日は20数頭しかいません!

反DCMTJapanの記事 → http://bit.ly/31BDfIc



●なぜ、100頭も居たのに、たったの20頭? 

実は、「アヘン在住の男が犬を引き取りに来る」というニュースを聞きつけた地元の人たちが「犬たちがアヘン市の男のところなんかに行っては可哀そう過ぎる」と言って、自らが里親になることを決意し、多くの人たちが犬たちを引き取りに来たのでした。また、ボランティアや活動家が、アヘン市の男のところに犬たちが渡る前に、海外での受け入れ先を何とか見つけ、 犬たちを連れ帰ったあとでした。 

通常、人懐っこい犬が優先的に人にもらわれて行くため、この日団体「CARE」がカモ農場に到着した際には、残されていた20数頭の犬のほとんどが、犬屠殺場でのトラウマを抱えている犬たちばかりで、人間が怖くて仕方ない状態で、脅えた悲しい目で震えていました。 しかしガンマンさんもヒロミさんも
「決してこの犬たちが悪いのではない! こんな思いをさせている人間に非がある! どの命も大切。愛情をもって接していく」 と言われ、この日現場に居た20数頭すべてを日本に受け入れることを希望しました。 

しかし、天安市としては、アヘン市の男に一旦犬の受け渡しを了承した以上、犬を残しておかないと立場が無いらしく、結局15頭のみの日本行きが決まりました。



当日の午後、15頭の犬たちはCAREの臨時シェルターへ移動。





犬をすべて移動させ、臨時シェルターに到着したころは、すっかり夜になっていました。

ライブ動画(日本語)一頭のワンチャンは搬送中に汚してしまい、生まれて初めてお風呂に入れられてます(*^-^*) →


このうち、特に状態の悪い一部の犬たちは即入院となりました。


他の犬たちは、検査と治療のため、これから毎日の病院通いが続きます。


———————————————————————————————————-


🔶 2019年9月17日   🔶



韓国へ500万円の送金は無事完了されました。

週末や祝日と重なったり、今年に入ってから国際送金手続きが複雑化したりしたため、少々遅れましたが、 ガンマンさんより皆さまからお預かり致しました貴重な500万円は無事に韓国へ送金手続きが完了致しました。 皆さまの暖かなお気持ちは無事に届けられました。 本当に、ありがとうございました! さあ、これから、検査、去勢・避妊、マイクロチップ、各予防接種など 日本入国への準備が着々と始まります。 少なくとも7か月間は、韓国に滞在し、血清検査の結果などを待たねばなりません


韓国から、天安市の犬たち15頭と、現在既にCAREのシェルターに暮らしている犬肉産業レスキュー犬たち10頭、合わせて 25頭が来年の春~夏に、日本のワンニャンランドさん、そしてアニマルライブさんのシェルターへやって来ることが決定しました。


善意ある方々の優しい心のお陰で、殺処分される天安市の犬たちは晴れてゼロとなりました。

どうぶつの命も人間の命と同じ重さです。

これまで色々大変でしたが、大勢の方々のご厚意とご協力により、命のリレーは無事に成功いたしました m(__)m 心より、感謝申し上げます。


その後、一部の韓国活動家さんがアヘン市の犬たちの様子を定期的に頻繁に見に行くことに決まり、現在問題はありません。

facebook 反DCMTJapan記事 → https://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/posts/2396752970567670


———————————————————————————————————–


🔶 2019年10月8日 🔶



団体「CARE」が屠殺場を急襲した夜に生きたまま首を吊られ殺されかけた犬「ノバ(NOVA)」は、活動家さんと一緒に自ら警察に出向いて被害届を提出しました。


犬による被害届は前代未聞です!

警察署へ向かうノバと活動家さん
ノバ:活動家さんに連れられて天安警察署にて


警察へ、自分が屠殺場で受けた暴行の被害届を提出するノバ

NOVAの記述調書:

「私の名前はNOVAです。
私の命の恩人が名づけてくれました。

あの夜、雨が降っていて、
雨は前日の夜からずっと降り続いていました。

小さなケージの中で眠っていた私は
雨の匂いで目を覚ますと、
横にいた友人が鳴き始めたので、すぐに私は
「また、あれが始まった」と察しました。

薄ら明るい月光の中であの夜私が見たものは、
茶色の犬がズルズル男に引っ張られ
ケージから出されて
どこかへ連れて行かれる姿でした。

別のケージで眠っていた友人たちは皆、
怖くて怖くて震えながら鳴いていました。
.
.
.
しかしこの夜、
男は再び戻ってきました!

私が知っている限りを話せば
男は次に、私の首に
ロープを巻き付けました。

私の番が回ってきたのです!

これまで男に連れ去られた友人たちが
戻ってきたためしは、ありません!

何人かの友人は、
「男に選ばれ連れて行かれた犬たちは
高いところから吊るされていた」と
そう話します。

男に吊られた犬たちは、
まるで苦しんでいるかのように もがき、
そして大きな光が見えたかと思うと、
何か焼け焦げたような匂いがしてきたそうです。
.
.
.
その夜 男に選ばれた犬は、
この私でした。

私は抵抗せず、されるがままに
男に引っ張られて行きました。

静けさの中で 私の友人たちは
男に連れて行かれる私を
じっと見つめていました。

私は屋外に連れ出されると、
そこには、
さっき男に連れて行かれた茶色の犬がいました。
その子は、恐怖に脅え、
ただただ震えているだけでした。
もう逃げることも抵抗することも
出来ない様子でした。

ひょいと私の体が宙に浮いたかと思ったら、
首を横木に掛けられ、私は吊られました。

私は窒息しそうになり慌てふためきましたが、
本当に苦しくて、でも、もがけばもがくほど
ロープが首に食い込むのです。

私の横で吊られた子は
茶色い小さな犬でしたが、
目はカッと見開き
声は上げていませんでした。

じつは、その子は声を出せなかったのです、
巨大フックがその子の顎に刺さっており
その状態で吊るされていて、
もはや生気無い体は、
空中に垂れさがっているだけでした。
男が手に持つバーナーの先からは、炎が噴き出していて、
小さな茶色い体に当てられました。
するとすぐに
その小さな犬の顔は
どんどん歪んでいきました。

次に私は、自分の耳に炎を感じたかと思うと
これまで体験したことの無い熱さに驚き、
巻き付いた太いロープはどんどん私の首を絞めつけ
苦しさと痛さで もはや
声を出すことさえ出来なくなりました。
私の目は段々開けれなくなって、
舌はだらしなく口の外へ垂れ始めました。

これがあの夜、私が目撃して体験したすべてです。

今でも雨の匂いがすると、
私はあの夜の恐怖にうなされ 
この悪夢を脳裏から
消し去ることができません。

あんな恐ろしい苦しみを 
ふたたび耐え忍ばなければならない日が
私に訪れるでしょうか?

ノバ

(日本語訳:おおおかクララ)


https://careanimalrights.org/2019/10/south-korea-first-testimony-by-dog/?fbclid=IwAR3lkgD3dXeOaC2r71s2Btg7y_JKEUE1KRWrZNBbGc5r6Efwx6_O6FA89UM

facebook 記事 → https://www.facebook.com/anchiInunekonikuDCMT/posts/2438874503022183

————————————————————————————————

🔸 2019年11月17日 🔶

可愛い天安屠殺場からのワンチャン 里親が決まりました!本当に助けられてよかったね!

facebook 記事 →

———————————————————————————————————–


🔶 2019年11月25日 🔶


20年間犬を生きたまま首吊り焼き殺してきた違法屠殺場主が、団体CAREに対し、「不法侵入の罪」で刑事告訴をおこしてきました。
さらに、団体CAREの活動家6名に対し、
「不法な逮捕」
「暴行」
「不法侵入」
「盗難」 などの民事裁判もおこしてきました。


facebook 反犬猫肉【残虐画像無し】の記事 →
https://www.facebook.com/search/posts/?q=%E5%A4%A9%E5%AE%89%E5%B8%82%E3%80%80CARE%E3%80%80%E8%A8%B4%E8%A8%9F&epa=SERP_TAB

—————————————————————————————————


🔶 2020年1月30日 🔶


韓国より、犬たちの血清検査のために団体「CARE」の職員が日本を訪れました。

facebook ガンマンさんの記事 → https://www.facebook.com/ganmann.hirayama/posts/1490530174447837

日本行きは2020年初夏に予定しています。

写真:CAREのシェルターでノバと友だち ノバはいつも遊んでいる💓
写真:団体CAREに保護され今アメリカで暖かな家庭のワンチャンになっている元天安屠殺場犬肉保護犬💓

———————————-

⚠️ #反犬猫肉活動妨害目的のスクショやシェアを固く禁止 します。 #私たちの活動の邪魔をすることはさらに多くの動物たちを苦しめることをご理解ください。 #反DCMTJapanは国籍民族差別にも反対している団体 です。 #国民を一括りに非難する行為やヘイト目的のコメントは禁止 します 。 #反DCMTJapanはveganです。#反DCMTは犬猫以外のすべての動物の権利を尊重する団体 です 
#反DCMTJapanは日本国内の動物問題解決にも従事する団体 です。 
#犬食#犬肉#猫食#猫肉#ユーリン犬肉祭り
#犬食は他国の食文化ではない#vegan#アニマルライツ
#犬猫以外の動物たちにも思いやりを☘ 
————————————–

~ つづく ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA