2016年

数年前、韓国犬泥棒に盗まれてしまった 

1匹のプードル 「エル」。 

劣悪な犬屠殺場に監禁されていた。 

動画の途中で エルが ケージから出されるシーンがある。 

すべての犬が、「(屠殺の)エルの番がきた」と信じた。 

ぼろぼろになったエルの首に縄が掛けられ引きずりだされると 

1匹の犬がケージから 

エルの肩をポンポンと叩き 

「さようなら」 

最後のねぎらいの言葉をかけた。 

幸運にもレスキューされたこの犬は、のちに「エル」と名づけられる。 

レスキュー後は 誰もが 治療を施せば元の元気なプードルになってくれると信じていた。  

しかしエルは 盗まれたショック、 

不潔極まりない屠殺場での環境、残酷な扱いに、 

身も心もボロボロに蝕まれていた。 

突如として降りかかった悲劇は、 

即座に1匹の可愛がられていたペット犬を地獄のどん底に突き落とした。 

エルは生きる希望も気力も愛もすべて奪われました。 

懸命な治療にも関わらず、死んでしまいました。 

これが世界に誇れる食文化ですか❓

こんな悪質犯罪など

「他国の食文化」として

容認しなくてもいい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。