盗まれたペット犬「エル」

2016年

韓国の犬肉商人に盗まれてしまった1匹のプードル。

劣悪な犬屠殺場に監禁されていたところを発見され動物保護団体に幸運にもレスキューされたこの犬は、のちに「エル」と名づけられました。

レスキュー後は誰もが治療を施せば元の元気なプードルになってくれると信じていました。 しかしエルは心無い犬肉産業者の残虐な扱いや不潔極まりない屠殺場での環境に、身も心もボロボロに蝕まれていました。

Its not that I do not realize. Its not that I do not see the truth or the sky. It is just that it is hard. To see that much blood. To be there in the moment of the dying. To see the crumbling of the heart, and the wasting of what we call humanity. I arrived home a few days ago. Wearing scars from a war that has not been won. Scars, that line and bleed my face. It is hard to live in this space, and to feel that the world around me is okay. Even though you cannot see it. Even though you close your eyes and choose not to breathe it – it does not make it not real. The violence. The way they cut their feet off and hang them. In each breath that I take. In each moment that I push myself into that space. Blood falls from the sky into my veins. I see the faces of those that cannot be saved. But believe in the future. I believe hope awaits. And that truth lies in the voice of the people.Out of all the dogs we saved on this last trip, it was she that broke into me. The way her eyes searched the sky to find me. Her breaking body. Her crumbling feet. Her heart, that fell and bleed into the coming. We pray for you – Elle. #TheHeartOfRescue #animalhopeandwellness #BokNal #SecondChances #MarcChing

The Animal Hope & Wellness Foundationさんの投稿 2016年8月3日水曜日

突如として降りかかった悲劇は、

即座に1匹の可愛がられていたペット犬を地獄のどん底に突き落としました。

エルは生きる希望も気力も愛もすべて奪われていました。

懸命な治療にも関わらず、死んでしまいました。

これが世界に誇れる食文化ですか❓

こんな悪質犯罪など

「他国の食文化」として

容認しなくてもいい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。