ブラジル

2019年12月18日


国際的闘犬犯罪組織が主催するイベントでは
戦いに負けた犬たちが
観客らに食べられていました‼





先週の土曜日、サンパウロ市の北15キロに位置する
農村地帯でひっそり開催されていたこの違法イベントでは、

複数の犬たちが
相手が死ぬまで戦わせられていました。

闘犬にはピットブルが利用されており
数匹の仔犬も戦いに駆り出されていたというから
本当に非情です!


警察の急襲により内19頭は無事に保護されましたが、
その中の2頭は虚しく死亡してしまいました。

急襲時に当局が発見したものは、
戦いで酷く負傷した犬たちが
鎖で繋がれたり、
ケージに閉じ込められていた姿です!

すべての犬たちは、傷口から感染症を起こして 
また戦いで噛みちぎられた箇所などもありました!

酷く重症を負った1頭の犬が
テーブルの上で横たわっていましたが、
既に息絶えていました!
写真:試合に負けた闘犬は殺され人間に食べられていた



また、
焼かれた大きな肉の塊も発見されました(画像)!
肉には尾が付いていて、試合に負けた犬のものでした
この犬肉は、参加者に振舞われたとのこと‼

試合に負け死んでしまった犬たちの亡骸は  さらに
他の犬たちに食料として与えられていました




観客には
父親に連れられ
2人の子供(12歳と14歳)も居ました!

この闘犬賭博では、
世界中のギャンブラーたちもネットで参加していました!


逮捕された41人の中には
なんと、獣医警察官たちまでいました!
写真:逮捕された闘犬ギャンブラーたち

逮捕された41人のうち36人はブラジル人で、
5人は、アメリカ人、ペルー人、メキシコ人など
外国人でした。
アメリカ人はレフェリーをしていました。

この国際的闘犬組織による巡業試合は、
昨年、ドミニカ共和故国でも行われました。




元記事 →

http://bit.ly/2WcLTvY


写真:試合に出され疲れ果てている闘犬
写真:命掛けで戦わされ負傷したまま放置されていた



闘犬は、文化ですか❓


血をみる 文化❓



人間の娯楽のために


弱い立場の動物たちを 

無理に戦わさせ

傷つけ 苦しめる行為が 文化❓



そんなものは
「文化」として尊重する「価値」が無い‼




ただの、「動物虐待」だ‼



主催者の男たちは、起訴されましたが
裁判所では判事は「すべての犯人を釈放するよう」 命じました。
一部は逃亡を図っています。

闘犬組織リーダー格のペルー人の男は、 7頭のピットブルと共に姿を消し去りました。

記事 → http://bit.ly/38MOm2Q


.
.
🔶 日本の闘犬
.
日本には闘犬を禁じる法律はなく、
自治体によって条例で禁止しているところがあるのみ。
.
「全土佐犬友好連合会」が、日本闘犬大会を主催しています
http://tosaken.jp/
.
「全土佐犬友好連合会」のFB →
https://www.facebook.com/pg/zenyuuren/reviews/?ref=page_internal


日本闘犬反対派の方は、きちんと声をあげてその意思を伝えましょう

*************

🔷 ワンチャンの可哀そうな画像無しの投稿は
→ https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2656320524458079&id=1871187262971413

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。