劣悪!ロッテ関連犬農場:大怪我を負った母犬!手術日に仔犬3匹が死んでしまう!

韓国ロッテ関連犬農場 母犬の悲劇‼

画像:ロッテ関連犬農場 大怪我を負ったクァンボクちゃん

7月半ばに農場主に330万円をわたし、「2度と犬を屠殺場に売らない」と約束させた韓国系アメリカ人の弁護士mission_dog_save さんの投稿より :

↓   ↓   ↓

「2020年8月13日 団体CAREは、ロッテ関連犬農場で 「クァンボク」と名づけられた1匹のお母さん犬を 急遽病院へ運びこみました! 腹部は裂け、酷い状態です‼ . 人間と同様、犬も、 生存の為にはあらゆる栄養素の摂取が必要です。 しかし仁川市のロッテ関連犬肉農場では クォンボクちゃんを含むすべての犬たちは 市のゴミから集められたばい菌だらけの人間の残飯を 餌として与えられていました。

ロッテ関連犬肉農場の250頭の犬たちは、 保護されるまで、 清潔な水のほんの一滴すら飲んだことがありませんでした。

これまで一歩も地面に出たこともなく、 ずっと網板床の高床式犬舎に閉じ込められていました。

地面は糞尿だらけの、実に不衛生な環境の中で 、健気に犬たちは生き抜いてきました。

画像:ロッテ関連犬肉農場 クァンボクちゃんの7匹の仔犬たち

クァンボクちゃんは衰弱しきった体で、 産まれたばかりの赤ちゃんたちに どうにかお乳を飲ませようとしていました。 しかしそれは、猛烈な苦痛をともないました。

韓国でも続く最近の猛暑と焼けるような熱い日差しは、 クァンボクちゃんの体を容赦なく照り続けます。

すっかり衰弱したクァンボクちゃんは、傷口の炎症はひどくなるいっぽうで 、免疫力も恐ろしく低下し、 搬送後もこの状態では治療に耐えれるか、 皆祈るような想いでいっぱいでした。

手術当日もクァンボクちゃんの免疫力は最悪レベルでしたが、 事態は一刻も争うとのことで、手術は決行されました。

画像:ロッテ関連犬肉農場で大怪我を負っていたクァンボクちゃん

幸いクァンボクちゃんの手術は無事に終えられましたが、 クァンボクちゃんの赤ちゃん3匹は インフルエンザにより クァンボクちゃんの手術日に死亡してしまいました。 .

クァンボクちゃんの気持ちを考えると胸が押しつぶされそうです。

今、クァンボクちゃんを、生存している4匹の赤ちゃん犬の元に 一刻も早く回復して戻れるよう、 切実に願います‼」

画像:ロッテ関連犬農場 クァンボクちゃんの4匹の仔犬たち

動物たちを悪魔たちの手から救出するにも 活動やお金が必要ですが、 無事に救出してからも、 多くのボランティアさんの助けや 労働力やお金が必要となります。

日本での支援先は、有志の活動家の 松田渓子 さんが韓国ロッテ犬農場の犬たちのためだけに 新しい口座を開設してくださいました。

こちらに送金されてくるお金は100パーセントすべて 韓国の団体CAREに送られます。 国際送金手数料などはすべて 渓子 さんが負担してくださいます。

📍CAREへの募金先: 三井住友銀行 吹田支店 普通

【点番号】751

【口座番号】4192423

松田渓子(マツダ ケイコ)

ロッテ関連犬肉農場とは?

ロッテ企業と故・ロッテ元会長が所有してきた土地(韓国・仁川)で、30年におよび不法犬肉農場が運営されていたことが今年6月1日にメディアによって暴露されました!

現在この違法農場は閉鎖されていますが、生き残っている犬たちは行き場無く困っている状態です。

この事件は、韓国中で大騒ぎとなり、ロッテは激しく非難され、厳しく責任を追及されました。

当初ロッテは、「知らぬ存ぜぬ関係ない」との一点張りでしたが、それで世間は許すはずもなく、(しぶしぶ?)7月3日にロッテは「買い取る形で全頭助ける」とメディアで発表しました。

しかし‼

その後1か月半に及び、ロッテは農場を訪れるわけでもなく、犬たちの世話からドッグフードの工面から犬舎の掃除から犬の病院搬送から何からなにまで全てを一般市民に押し付け、自分たちは犬のために何1つしませんでした。

先日やっと「330万円の現金とドッグフード20トンで(ロッテの責任を)終わりにしたい」と韓国の市民たちに告げてきました!  (しかしその宣言から1週間以上経つ8月25日現在、未だに、1粒のドッグフードも1円も支払われていません)

農場で生き残っている犬たちは250頭の中型~大型犬ばかりです

どうやってたったの330万円で どうやってたったのドッグフード20トンで 犬たちは生きていけというのでしょうか❓

これまでロッテ側が放置してきたたせいで、亡くなってしまった4万頭もの罪なき命を想えば、せめて今生存している250頭の命くらい誠意を尽くして責任もって守っていって欲しいというのは、万人の想いです。

桂陽区行政は「8月末で犬をすべて今の農場から追い出す」と言っています! ※農場は犬を飼育できない規制地域内のため

日本でも これまで

●総計2000枚以上の「犬たちを助けて!」のカードを東京ロッテ本社に送っている

●2度にわたる陳情・公開質問状をロッテ会長に対して反DCMTJapanから提出している

●2度にわたる 大阪・東京・名古屋ロッテ社前でのデモをおこなっている

●ロッテのSNSに犬救助を求める700を超えるコメントが世界各地から残されている

●ロッテに電話で抗議している ですが、一切回答はありません。

韓国でも

●数度にわたるロッテとの交渉

●数度にわたるロッテデパートなどでのデモアクション

●数度にわたる記者会見 などがおこなわれてきました。

なのに、ロッテは聞き耳をもちません‼

元はといえば30年もの間、ロッテ側は、所有の広大な土地管理を怠り、結果、犬肉農場経営を許してきました。 これが最大の原因です‼

ロッテは、これからも無責任に責任逃避を続けるつもりでしょうか?

📍ブログ →   https://bit.ly/2XUOtG3

🔷 簡単なアクションにご参加くださいm(__)m 🔷

📍フォトアクション(所用時間10分程度)  → https://www.facebook.com/events/315028759841906/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。