中国政府 – 「邪魔なものは殺せ」

中国 – 「邪魔なものは殺せ」 「邪魔なものは殺せ」の考えの政府が支配している中国では、ジャーマンシェパードのような大型犬が人間から愛されることは許されず、番犬などの登録の無い場合、問答無用の皆殺しです‼

画像をご覧ください。尾を下げてすっかり脅えているこの犬は、番犬としての登録はありませんでした。何の罪もない純真な生きものは、これから政府の人間に連れて行かれ、恐ろしい方法(撲殺など)で殺されます。

このシェパードを道路に出したのは、飼い主です! 飼い主のせいです‼

どうしてこんなにアホなんでしょうか‼❓ .

中国政府が犬が嫌いなのは、もうわかったから、中国から犬を他国へ大移動させ、とっとと犬ゼロの国にすればよい‼

そのお金さえもったいないのでしょうか❓

ウィグル族や法論功の方などを強制的に収容させ、無給で日に十何時間も働かせ、人件費ゼロの商品を安く海外へ売り、じゃんじゃん儲けている国です‼

📍記事 →

https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20170921_00420170921

中国は人間に対しても「邪魔なものは殺せ」です。奪われた命の分だけ殺した奴らに不幸が降りかかりますように。 日本も野生動物が町に現れるや、待ってましたと言わんばかりにハンターたちが鼻の穴を膨らませ登場! 

門脇麦もその一員という事実が先日発覚しました‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。