毎年100万頭もの犬が人間の食用で殺されるといわれる韓国犬肉産業。その内1万頭弱が動物保護団体などにより犬肉産業から毎年毎年レスキューされています。 2019年7月、ボクナル(犬食期間)の前日、韓国のアニマルライツ団体CAREは、天安市の違法屠殺場を急襲しました。 そこでは100頭の犬たちが囚われており、20年にわたり「生きたまま犬を首吊り焼き殺す」違法行為がおこなわれていました。 団体CAREは、違法屠殺場を閉鎖させ、100頭の犬たちは無事にレスキューされましたが、なんせ、韓国では毎年毎年1万頭ほどの犬たちが保護されているので、どこの動物保護施設も常時満杯状態です。 

行き場がない犬たちを、天安市は「すべて殺処分する」と言いました。その話を聞くや団体CAREは日本の反DCMTJapanに「SOS」を発信し、偶然にも同時期に佐賀県のアニマルライブさんと山口県のわんにゃんランドさんが「せっかく助かった命、それでは可哀そう」と挙手してくださいました。 韓国側の検疫の手続きはスムーズにいったもののコロナ禍の影響で当初の予定より遥かにオーバーし、なにかと険しい山はありましたが、この度、2020年11月10日に日本に24頭もの「犬肉産業保護犬」の入国を無事に果たすことができました!

これもご協力者様、皆さまのお陰様ですm(__)m 反DCMTJapanは、心より感謝申し上げますm(__)m!

この犬たちは、寸でのところで、殺され人間に食べられるところだった子たちです‼

山口県のわんにゃんランドさんと佐賀県のアニマルライブさんが、24頭の犬たちを受け入れられることになりました。1頭はすでに里親さんが決まりました! 天安市違法屠殺場で済んでのところで命を救われた残りの76頭は、結局1匹も安楽死処分されることなく韓国で養子縁組が決まったりアメリカやカナダへ養子縁組のためにわたりました。

📍天安市の違法屠殺場について → https://powerofcompassionforanimals.o…

わんにゃんランドへは

1)カンタローくん・・長くて背が高くて手足が長い茶毛・天安市屠殺場から。 2)グリちゃん・・カンタロー君と同室の茶毛の子・劣悪犬肉農場から

3)ヨリちゃん・・カンタロー君と同室の白い毛の子・劣悪犬肉農場から

4)ミリちゃん・・カンタロー君と同室の白い毛の子・劣悪犬肉農場から

5)ショーくん・・怖がりで緊張するとクルクル周る・天安市屠殺場から

6)カンチくん・・いつも吠えている・天安市屠殺場から

7)チェリーちゃん・・白毛の子。珍道犬。ショー君カンチ君と同室。

8)カンミちゃん・・怖がって犬舎から出てこない。天安市屠殺場から

9)フサカちゃん・・土佐ミックス犬。脅えている。天安市屠殺場から。

10)バスちゃん・・フサカちゃんと同室茶毛の中型犬。劣悪犬農場から。

11)モモくん・・フサカちゃんバスちゃんと同室。珍道犬ミックス。ジョンスくんとそっくり。脅えている。天安市屠殺場から。

12)ジョンスくん・・フサカちゃんと同室。珍道犬ミックス。モモくんとそっくり。脅えている。天安市屠殺場から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。