写真:韓国食用犬繁殖牧場


日本は、韓国から犬肉を輸入していた過去もあります‼


韓国の犬肉用繁殖牧場では、費用・時間削減のために犬たちに水は与えず、飼料の代わりにキムチなど腐った人間の生ゴミを与えています

犬たちの劣悪な飼育環境と極度のストレスは犬の疾病に対する抵抗力を弱める可能性がありますが、この事実が「なぜ韓国犬牧場では犬に過量の抗生物質が与えられているか」の理由です。

写真:韓国食用犬繁殖牧場。韓国は世界で唯一食用犬繁殖牧場のある国。



●大学獣医学部のよる調査結果では:

1)ソウル市内で流通している犬肉のうち65%から、8種類の抗生物質が検出された


)抗生物質はエンロフロキサシンを含む

*参考:エンロフキサシン ⇒ http://bit.ly/2wnd24I

3)犬の抗生物質検出率は、45.2%。 
対して、一般家畜の検出率は、僅か0.47%。

犬肉からの抗生物質は明らかに多すぎます‼  


4)抗生物質以外にも、大腸菌など様々な細菌も見つかる!  
写真:韓国食用犬繁殖棒状(養犬場)

日本もかつて韓国から犬肉を輸入していた事実があります。
こんな肉を日本は輸入し販売を許可しているのですから 

呆れます!  


ソース → http://n-seikei.jp/i/2017/08/post-46309.html 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。