日本犬肉問題

現在、日本において

◎ 犬の肉を食べることは合法

◎ 犬肉を販売することは合法

◎ 犬肉を輸入することは合法

✖ 犬を食用屠殺することは違法

となっています。

2017年頃までは、日本国内において犬肉を販売・提供する店が100軒以上存在することが世界愛犬連盟様の調査で判明しました。現在ではそこまで多くはないものの、50 軒は超えるであろうと言われています。

誰が日本で犬肉を食べているの?

2017年大阪日本橋にある中国系デパートの食料品売り場で反DCMTのメンバーが発見。

主に外国人出張者などが好んで食べていますが、珍味を求める一部の日本人やYoutuberも食べたりしています。

犬肉の主な輸入国は中国とベトナムです。中国東北料理店やベトナム料理店、韓国料理を扱うお店で頻繁に提供されています。

ベトナムでは、1キロ500円前後で売られているのに対し、日本では、1キロ5,000円前後で売られています。

メニューでは、犬肉は「狗肉」と書かれていたり、ベトナム料理では 「Thit Cho(ティッチョオ)」と書かれていることが多いです。

2022年の今でも、犬の肉は日本国内で販売されていますが、最後に日本に犬肉が輸入されたのは2017年ですから、5年以上も冷凍保存されている犬肉が販売されていることになります。もし販売されている犬肉が5年未満の冷凍肉(又は生肉)である場合は、日本国内で殺された犬の肉(犯罪)か、密輸してきた犬の肉(犯罪)であるとしか考えられません。

農林水産省のデーター:2022年10月

毎年何匹の殺された犬の肉が日本に入ってきてるの?

「日本に輸入されるために犬たちは殺された」というわけではありませんが、

犬の肉にされる部分が体重の半分だと仮定した場合、

2017年には、約3,000~2,500匹

2016年には、約1,000匹

2015年には、約1,300匹

もの中型犬が、殺され肉にされて日本に入ってきています。

犬皮や犬毛も日本に輸入されている

農林水産省の公式データーによると、犬の毛や皮が最後にに輸入されたのは、約10年~15年前に遡ります。2013年にはラオスから1トンの犬皮、2007年に中国から1 トンの犬毛が輸入されました。

三味線は猫の皮を利用し製造されていることは有名ですが、犬の皮も利用されています。

また、日本で販売されている一部のゴルフや野球のグローブにも犬の皮が使われています。

キーチェーンのカラフルなポンポンや、比較的安価なコートのフード周りのフワフワな毛も頻繁に犬の毛が使われています。タグには「○○ラクーン」などと書かれていますが、実は犬肉産業で残酷に殺された犬の毛です。

このように、私たちの知らないところで比較的安価な製品に犬の毛や皮が使われているわけですが、実に私たちの知らないところで多くの生活製品に、理不尽に殺された犬や猫の死体が使われています。

日本において犬猫肉や皮や犬毛の輸入、犬猫肉食を禁止する法制定が必要です。