【1/27 和歌山県庁前:太地イルカ猟許可取り下げを求めるアクション】




太 地 イ ル カ 猟 は 海 外 の 犬 肉 産 業 に 匹 敵 🔥
文 化 で も な け れ ば
他 者 を 陥 れ 傷 つ け
金 儲 け の 道 具 に し
血 を み る 習 慣 な ど 容 認 す る 必 要 も な い 🔥

📢🔥太地イルカ追い込み猟の許可の取り下げを求めます📢🔥

🔵 とき: 2023年1月27日(金)
11:30 ~ 13:30 頃まで


🔵 場所: 和歌山県庁前
和歌山市小松原通一丁目1番地


🔵 用意するもの: 特にありませんが良ければ気持ちの入ったお手製パネルなど

🔵 注意: 動物の犠牲の無い服装など

🐬💙🐬💙🐋💙🐋💙🐬💙🐬

 皆さんご存じの通り、和歌山県太地町は、ここ10年近く世界中から糾弾されているにもかかわらず、今期(2022年9月1日~2023年2月末)も太地小型鯨類追い込み猟を開始しています。

そんな中、2022年12月17日に元衆議院議員の岸本周平氏が新和歌山県知事に就任されました。

 岸本知事は「県民の笑顔をつくる」をミッションとされています。
笑顔にあふれた和歌山県、私たちもすごく素敵だと思います。

 しかし、世界的悪名高き「太地イルカ猟」が和歌山にある限り、笑顔どころか、和歌山県民の方々の目元には眉間に深い皺がより口角は下がりっぱなしなのではないでしょうか❓

太地イルカ猟のある今の和歌山は、とてもではありませんが世界に誇れる県ではありません。
 「日本の恥だ!」との声も世界各国からあがっている始末です。


 世界のイルカショーで利用されているイルカや鯨類のほとんどが太地イルカ追い込み猟により調達されています。
 太地イルカ猟の許可を太地のイルカ猟師たちに出しているのは、和歌山県知事です。

 2020年3月5日から、イルカや海の生きものを愛する日本人一般市民である私たちは、関西方面はもとより、中部、関東方面、九州などからも集結し、和歌山県庁前で一致団結して声をあげ続けてきました。 
 最初の1か月は平日ほぼ毎日、その後ほぼ毎月最低1度は、「太地小型鯨類追い込み猟許可の取り下げ要請」アクションをおこなってきました。

 前和歌山県知事である仁坂吉伸氏は、私たちの活動に対して2021年4月15日に和歌山県公式ホームページで見解を発表されました。

仁坂前知事の公式発表には、真実から大幅にかけ離れ首尾一貫してない部分が多々あります:
 例えば、太地イルカ猟を「日本の伝統文化」と前知事は述べていますが、実際には太地イルカ追い込み猟は僅か50数年前に始まったばかりの比較的新しいビジネスです。
 また、「西洋人の迫害を受けながら太地イルカ猟師たちは辛い思いをしながら細々と猟をおこなっている」と前知事は述べていますが、実際には、太地町は高級ウォシュレット完備の公衆トイレを十数か所も有する豊かな町であり、町の主要ビジネスはイルカやクジラを1体500万円などで世界中の水族館に販売しまくっているとても儲かる生体販売です。
 さらに、県庁前で抗議活動をおこなっている私たち一般市民に対して「捕鯨を嫌う外国人への手前、体裁を繕うための抗議活動」 と前知事は言っておられますが、抗議活動をしている当の本人である私たちが断言します。それはまったくの誤解です。私たちは100%自らの意思で心から太地イルカ猟廃止を願っています。
 そして、前知事は、太地イルカ猟に対して韓国犬肉文化を引き合いに出し「私は韓国犬肉文化を尊重する」とうったえておられますが、実際には、この公式発表のあった2020年の当時でも、韓国市民の6割以上が犬肉に反対し、韓国犬肉はすでに廃止決定の方向に向かっていたという事実があります。理由は主に国際社会からの批判の声です。

 このように、真実とは異なる内容に加え誤解されてる部分も多々見られ、困惑しながらも、私たち一般市民は、数々のハガキや手紙、ファックス、メールなどを日本全国、いや、世界中からも送付し、仁坂元知事にお願い申し上げてきました。
 しかしそれにも関わらず、仁坂元知事からは結局なんの回答もいただけませんでした。


今、和歌山県の最大のアジェンダは、太地イルカ猟問題への迅速な取り組みではないでしょうか?

📢🐬📢🐋📢🐳📢🦈📢🐬📢

私たちは、岸本知事に、「今は、人間が自然環境やいきものを好き勝手に利用する時代ではない」という事実を、お伝えしたい❗

1月27日は岸本知事に代わってからの初めてのアクションです📢 

皆さま、
この貴重な機会に、
どうかどうか
ご参加ください🙇‍♂️🙏

📍NGO LIA様による東洋経済の記事をお読みください。詳細を知ることができます ➡

https://toyokeizai.net/articles/-/635148?page=6



💙主催💙
🐬Rikako Fukumoto
🐋Neko chan
🐳Hiroko Ookakura

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。